読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

防音室のコウテイペンギン

防音室のコウテイペンギン そうして、星のようなカタチをしているからスターの名前がついた。というよりも、星のカタチそのものだからスターの名をつけざるを得なかった、というのが名の由来に関する有力な説で、これはわたしの二番目に好きな説なんだ。ここ…

2016_5_11

45Lのごみ袋に限界まで詰まった虚無感。 鬱なのでこれで終わり。

2016_5_7

五月に冷房を点けるのは怠惰ですか? 茹だるような暑さだ。どうにも我慢できずについにリモコンを手に取る。暖房設定のエアコンを冷房にスイッチ、少し匂う冷風がこの部屋に春の終わりを告げた。 中間期というやつがどこにいったのか探している。中間期とい…

2016_5_6

久しく見てなかったのだ。視界いっぱいに緑を収めて南湖の松林を歩くのは半年ぶりであり、一年越しの五月の景色を目の前にして暖かな春への感慨深さが増してくる。 ここが生まれ故郷であることを付け足して、家族もそこにいるときても、四季の巡りを五感で体…

2016_5_3

晴れ。窓を開けると外は夏の陽気らしかった。昨晩の残りと冷凍ごはんを食べたら半袖一枚で駅へ。祝日なのに仕事だ。 しばらくして現場につくと、ボスが一人だった。今日出てるスタッフは自分だけということになる。少し間を置いて、どうして働くのかと頭を抱…

2016_4_30

1.朝9時に目覚めてすぐに菊芋を千切りにして水に浸す。沖縄土産のバナナケーキを口にする。 2.スーパーへ買い物。リストは豆乳、インスタントコーヒー、キビ砂糖、大葉、ホタルイカ、鰹の酒盗、ボイルされたあさり 3.二度寝 4.昼過ぎに起きてベランダへ。椅…

2016_4_26

晴れてたが妙な寒さがあった。半袖はまだ早いようだった。セーター越しの風が冷たかった。春物のコート的な服がいるということになる。でもおれは冬服と夏服しかもってない。春と秋は暑いか寒いか喚きながら過ごしているのが常であり、ぺらぺらとした布地の…

2016_4_24

仕事が終わり新宿へ向かう駅でミュシャ展の看板を見る。ミュシャには特に詳しくもない。アールヌーボーな意匠が好きな人で、画家でありイラストレーターだったとか、今の絵描きが大好きな絵描きだとか、知ってることはこれでおしまい。 絵画とイラストの違い…

2016_4_22

あなたの一番好きな庭はなんですか? 庭の話をしようと思う。例えば、京都と奈良の日本式庭園には傑作が多い。曼殊院はよかった。竜安寺の石庭には唸ったし、圓通寺の庭のパースペクティブは目を見張るものがある。西洋式の庭園は守備範囲外だが、こちらも素…

2016_4_18

昨日も、今日も晴れ。夏日観測の陽気、らしい。ラジオとツイッターの情報。 18日、この日は朝と昼に夜も雑な食事だった気がする。「うまいものを食おう」と言われお金を借りつつ、近場で焼肉屋のランチにありつく。そんな感じ。野菜が足りてない食生活が続く…

2016_4_12

はじめに3Dプリンタがあった。3Dプリンタは物体であり、物体は3Dプリンタであった。物体はまず立体なのだからありそうなことだ。 大学を出た年の四月十二日に、ぼくは市ヶ谷駅において、見送りの場で、教授に言われた。「お前はとりあえず、現状ある3Dプリン…

2016_4_9

晴れ、のような気がするけど。雨だったか?たしか風が強く吹いていた。風が桜を煽って忙しなかった感じだ。はい浮かれるのはここまで!はい祭りは終わり!はいはい帰って仕事しなさい!と風曰く。 花が散りきる前に、今年は花見ができた、先週末に。したとい…

2016_4_6

枕元の常設展示品にイリヤ・ブリコジン著の混沌からの秩序がある。古本屋で買ってからこの3年くらいは美術品のように丁重に扱ってきた。たまにパラパラとめくっては所定の位置に本を戻すといった感じで、よしよしと撫でては埃をはらう。疲れた夜なんかに眺め…

2016_4_3

合間合間でも気になる本を消化していきたい。難しいけど、なるべく活字に触れる時間をつくること。娯楽ではない娯楽の時間で遊ぶ感覚を身につけること。 でも今日は久々にビールを飲んだので、大分おわりになってる。卒業してからは遊び=飲酒で、酔うことが…

2016_4_1

四月に入ってもなにが変わる訳でない。少しづつ暖かくなってきた気はする。日も随分と長くなった。 冬至がついこの前だったのでは?もう春分は過ぎているのか、わからない。こうして些細な変化を怪しんだりできるくらいには、外の具合に対してこれからも敏感…

2016_3_29

なんだか夕方からはふつうに寒かった気がする。 攻殻のアンソロジーが欲しくて、夕飯のついでに本屋に行くつもりだったけど、時間がなくて寄らずに戻った。どうせ読む暇がしばらくないなら、ネットで買っても同じことで、待たされることもない。アマゾンで都…

2016_3_28

昼まで調子が出なかった。人生の意味とか考え始めるパターンのおしまいになるのは、きっと昨日の日記をサボったからだ。 おしまいにはいくつかあって、昔の失敗を急に思い出してもうだめだになるもの、先のことで心が弱るものや同調圧力、総じて世は虚無とい…

2016_3_27

多忙と低気圧がきたので書く暇なし。3マス戻る。

2016_3_26

日本海の潟は中国や朝鮮半島から見ると、海上交通が主だった時代には表玄関の機能を果たした。 内海の港が適している大型船の登場によって玄関口の価値は明治頃から太平洋に移っていき、今では新潟港を残すのみである。もっとも、出雲の国のころからヤマト王…

2016_3_25

大宮のホームに滑り込んできた新幹線は初めて乗る型のもので、写真の印象のとおりに、見た目は雀のようだと思った。白地に金のラインで縁取られた流線型がそうだが、どうも特急は鳥の名前という思いこみに引っ張られている。 ときやはやぶさと並ぶのにすずめ…

2016_3_24

2016/03/25 10:52 昨日の分。やっとこさ東京に帰ってきた。金沢は遠かった。新幹線で二時間半というのは短い内だけど、文化が東京と大きく違う土地に行くと、距離以上にそこが遠く感じる。金沢は関西圏だった。北陸である向こうの地名は越前、越中、越後と続…

2016_3_22

2016/03/23 07:23 昨日の分を朝書く。ここ最近夜に書く気合いが沸かない。日記を翌日書くこと。これってどうなんだろう。なにを食べてなにを思ったのか、思い出しながら書く。どうしても思い出せない部分は法螺でいいだろう。 とにかく夜はもうだめです。す…

2016_3_21

2017/03/22 06:41 また昨日の分を朝書いている。めんどくさがらずに日記は夜に済ませなさい。 昨日のことねえ。ここしばらくは煙草がおいしくなくて、食後にしか吸ってないないかもしれない。いいこと。このまま禁煙してみたらどうだろう。このところは吸わ…

2016_3_20

2017/03/21 10:33昨日の分をちゃちゃっと書いてしまおう。 休みなのに朝早く目覚めて本を読んだ。洗濯機を回したけれど取り込むのは止したらしく、ずぼらな跡を見つけたのは今朝になってからだ。また回して部屋干しをする。 昨日読み進めたのは青木淳の講談…

2016_3_19

2017/03/20 07:27 朝に雑なパスタをつくり、たまってる本を読み崩す。昼はピザをとる。ドミノピザだったので虐殺器官を読みながら食べた。劇場版はまだ見てない。これからも見ないと思う。ハーモニーの出来にうんざりだったし、プロジェクトイトーの商売の仕…

2016_3_18

2017/03/19 00:14ちょっと前にグラフィックのデザイン事務所の人から聞いた話。たしかザハの競技場について雑談していた流れだったと思う。ザハの計画に関する知識はその時もうだいたい忘れていて、あまりはっきりした話ができなかった。 これからの東京はど…

2017/03/17 23:35SFは社会から考える。二の次から考え始めるものにガジェットやキャラクタがあり、これらは背景である社会設定から発想されていくという順番らしい。 それでも、キャラクタの魅力は、もしかしたら、設定以上に、作品の質感を大きく左右する要…