読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016_4_22

あなたの一番好きな庭はなんですか?

 

庭の話をしようと思う。例えば、京都と奈良の日本式庭園には傑作が多い。曼殊院はよかった。竜安寺の石庭には唸ったし、圓通寺の庭のパースペクティブは目を見張るものがある。西洋式の庭園は守備範囲外だが、こちらも素晴らしいものがあるのだろう。さて、たくさんある庭の中で、自分の一番を決めるためには評価軸がいる。庭を構成する要素のなかで、どこに重きを置くのかはっきりさせないと決めようがないというものだ。同じ土俵を探さねば話が進まない。

 

庭を主題にした写真集は多く、切り取られた画角にはカメラマンの重きが出る。有名所の桂離宮、本のタイトルがそうである、を見れば個人の価値観を超えて万人に訴えかける「良さ」が庭から引き出されていることがわかる。ぼくの撮った桂離宮の写真にはディテールが多かった。つまり庭のどこに着目するかは自由であり、一般人から専門家まで感じ方は人それぞれ、多様な価値を引き出せる深さをもった構造物が庭というものだ。

 

そうしてどんな価値も内包し、その姿かたちは変幻自在な構造物なのだろう、ソリッドで禁欲的な石と苔だけの空間も、恐ろしく多種類の草花が広がる空間も等しく庭だ。天皇がつくらせた広大な面積の御所と町屋の坪庭が抱える小宇宙も等しく庭と言える。借景に雲がかる山々を取り込み、垣根でフレーミングして、焦点が合うのは一本の小さな松のさらに先、手元の茶碗だったりする。ここでは地球から指先までのすべてのスケールが庭に飲み込まれており、はたして評価軸は無限遠の彼方まで伸びきってしまい、この話は発散してしまう。

 

文章を収束させるべく指すべき一点を探す。手掛かりはある。この日記が語りでなく、写真でなくて図面でもない文字情報であること。「庭」という文字からはじめれば、ここでは建築の話が文学へと詩へとシフトする。

 

 

ぼくは、「君の銀の庭」が一番好きだ。

君の銀の庭とは、劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語エンディングテーマである。

概要

Kalafina14枚シングル曲。カップリング曲は同映画の挿入歌「misterioso」。

Magia」や「ひかりふる」とは打って変わって、ワルツ調の軽やかな曲調。
しかし、その軽やかさと相反するように、どこか切なさを感じる歌詞。その点においても「Magia」と対照的である。
kalafinaは曲について「ひとりの少女妄想世界」とっている。また、ファンの間では、劇場版の視聴前後で受ける印ガラリと変わる曲と言われている。

 

―表題ともなった「君」とはなのか、「の庭」とは一体何なのか―

 

 

「庭」には機能がない。もしあるとすれば、立ち入り眺めて触れた、もしくは読んだ人の精神に何かを想起させること。まるで美術品のように。ぼくはそう思う。ここでは、受け取るイメージの豊かさを評価点とし、ぼくの一番を君の銀の庭とした。

 

いや、語感の良さがずば抜けていいと思うんです、これ。当時からすきな言葉なんだよなあ。曲自体も本当にいい!これを読んだ人は今すぐyoutubeででも聞いてほしい。つか映画本編と合わせて見て聞きましょう。あのオチの絶望感のなか軽やかなワルツが流れるのは本当に稀有な体験です。すげーよなあまどマギ。本質的なアニメです。うーん。歌詞も含めてこのタイトルがなんで美しいのか、日本語としてどう構成されたフレーズなのかを語学の勉強としてやってみようと思って始めた話だけど、つづきは明日の朝。

 

実体がなくても、文字でさえ庭になりえる。目撃した人の頭になにかを想起させる「庭」。この一文字が庭よりも庭の本質だ。そんなオチにしたい。